鍵屋さんに交換してもらう前に連絡すべきこと!

賃貸で鍵を紛失した場合の対処は?

鍵

鍵を紛失した場合は、早急に対処しないといけません。大家さんや管理会社の連絡先がスマホの電話帳に登録されていると、トラブルが発生してもすぐに連絡することができます。指示を受けて的確な対処が可能になります。

紛失したときは報連相が重要

鍵を紛失した場合は、鍵屋に連絡して交換する前に、警察署、大家さんや管理会社に連絡しましょう。

警察署で紛失届を提出

警察に連絡して、紛失届を提出しましょう。紛失届とは、警察署や交番に届けることが一般的で、失くした場所の近くの交番に届けるといいでしょう。連絡先や紛失した日時を書類に記入して提出します。すると、受理番号を記載されたメモも渡されるので、保管しておきましょう。

大家さんや管理会社に相談する

紛失届を提出したら、次は大家さんと管理会社に連絡をしましょう。鍵を紛失した場合、連絡してから交換するのがセオリーになっています。賃貸住宅の場合、連絡なしに勝手に鍵の交換を行なうと、契約違反になることもあるので注意してください。

24時間営業の鍵屋に相談

大家さんや管理会社に連絡して、鍵の交換許可を得ると、24時間営業している出張鍵屋さんに連絡をしましょう。玄関のドアを解錠するだけなら5,000円前後です。しかし、鍵を交換する場合は、防犯性能によって費用は異なってきます。また、出張費や夜間割増などを請求されるケースもあるので、電話で確認しておくと良いでしょう。

次に気を付けるのは防犯対策

警察に紛失届を提出しても必ず見つかるわけではありません。もし、悪意のある第三者が鍵を発見すると、自宅に侵入されることも考えられます。さらに、鍵を複製されるかもしれません。防犯対策を考えると、シリンダーごと交換してもらいましょう。 シリンダーとは、鍵の内部構造のことです。交換することにより、以前までの鍵は使用することができなくなります。24時間営業の出張鍵屋さんでシリンダー交換を行なうことで、自宅に侵入されるリスクを減らせます。

費用負担は誰がする?

借り主の過失によって鍵を紛失した場合は、交換費用は借り主の負担になります。つまり、お酒を飲みすぎて泥酔したことが原因で鍵を紛失したら、自腹で交換しなくてはいけません。交換後は大家さんに報告して、合鍵を1本渡してください。

TOPボタン